縮毛矯正が有効な時間

縮毛矯正が有効な時間

縮毛矯正は、髪の毛の断面から修正するので、かなりしつこい縮毛でも修正可能です。効果としてはストレートパーマよりもずっと長持ちで効果は強いです。しかしながら、その効果がどれだけ持続するかを考えると、ショートヘアとロングヘアではかなり違いがあるようです。

 

ショートの場合、新しく生えてきた髪の毛がくせをもっているとその部分が目立ちやすいという欠点がありますが、ロングの場合は、生え際が隠れるということと、その髪の重さ自体で、くせのある部分が引っ張られ、あまり縮毛が目立たないというメリットがあります。そうしたことを考えると、縮毛矯正を受ける頻度としては、ロングヘアーのほうが少ないといえそうです。

 

縮毛矯正は、髪や地肌に与えるダメージが結構あるので、あまり頻繁に受けるよりは、半年に一回など、余裕のあるスケジュールでうけたほうがよりいいでしょう。担当美容師さんとよく話し合って決断してください。縮毛矯正で、毎日のスタイリングが楽しくなります。