縮毛矯正だ受けられない時には

縮毛矯正だ受けられない時には

縮毛矯正といっても、これはいつでも受けられるものではありません。例えば、健康状態が悪かったり、また髪質や髪の長さによって、到底、縮毛矯正できないようであると、矯正できないとのことです。なので、美容室でもサービスを断られることがあるのですが、いくら技術が進歩したといっても、これはさすがに難しいことのようです。

 

もし、体調が悪い時には、万全の体調になるまで待たなければいけないですし、髪の毛が短い場合は、とりあえず、矯正が受けられる長さまで待ちます。ただ、美容室によっては、いろいろと方針があり、それによって、引き受けてくれないということもあります。また技術的なことでも引き受けてくれないという事もあるので、そういう時には、他の美容室に行ってみるといいようです。なので、初めにしっかりと相談をしてみて、何が自分に一番いいのかというようなことを考えていけばいいですね。そして、その時には、ブロー法、アイロン法というものについても、良く説明してもらいます。

 

施術方法も、人によって変わってくるので、これもどういうものを行っていくのかというのは、その美容師さんの判断にかかっているのですが、そこが美容師さんの腕の見せ所のようです。まずは、縮毛矯正ができない場合には、理由を聞いて、そこからまた、チャレンジしていきたいものです。